酒蔵の香りまで届けます。

srcoll

ご購入はこちら

menu

味わい・香り

仙台市地下鉄南北線「泉中央駅」東口より徒歩約10分。
こだわりの日本酒とお肴を楽しむなら、ぜひ
日本酒バー・居酒屋「Shop & Bar 彩(サイ)」へ。
創業当時からの伝統を代々引き継ぎ真面目に酒造りをしている蔵元、地元の酒米を使用し、地域に貢献したいという想いで酒造りに励む蔵元、若い杜氏が丹精込めて造っている蔵元。
そんな蔵元から仕入れた日本酒を取り扱うのが当店です。
味わい方や楽しみ方は各々で変わると思いますが、造り手の想いまで含めて味わうと、また格別なものになると思います。色々な角度から日本酒を気軽に味わっていただけるように、スタンドバーでは60㎖の少量を250円(税別)からとリーズナブルにご提供していますので、気になるものを試したり、飲み比べるなどして味わってください。ワイングラスでご提供しますので、フルーティな香りやフレッシュな味わいの日本酒をより一層ご堪能していただけます。 そして日本酒と一緒に召し上がっていただくおつまみも、生産者が心をこめてつくっている、想いがこもったものをご用意しています。
こだわるには意味がある、そして知るほどに味わい深い日本酒とその肴。 当店は現代風にアレンジした角打ちとしてスタンドバーのスタイルを取り入れています。この場で、大切にしていきたい日本酒文化を少しでも若い世代に伝えていけたらと思っていますので、ぜひ気軽に肩肘はらずにご利用ください。

そもそも日本酒って

当店で取り扱う日本酒の多くは
薫酒(くんしゅ)タイプで、フルーティーで香り高いのが特徴です。
日本酒の種類の中で、米の外側をたくさん削って精米歩合を高めた純米大吟醸や大吟醸、純米吟醸や吟醸などがそれに当てはまります。
飲んだときはスッキリ、冷やしすぎると持ち味である香りが閉じてしまうので、基本的には冷酒でお楽しみください。
この香り高い薫酒は食前酒に向き、合わせる料理は選びがちですが、その香りを楽しめるような淡泊で爽やかな味わいの料理との相性は抜群です。

大切なのはその香り

米(蒸米)と米麹と水を原料とし、アルコール発酵させたものが日本酒です。
日本酒の味には、原料とされる米の種類や、
水、造られた土地の風土、造り手である杜氏の技術 など、様々な要因で異なってきます。
生酒やひやおろしなど季節に合わせた様々なお酒を造ることができるようになった現在、日本酒を選び、飲む楽しみ方も膨らみました。
楽しみ方は無限大と言っても過言ではないと思います。
お気に入りの味を見つけて日常の楽しみに取り入れてみましょう。
苦手意識から一転、お好みの味を探す楽しみもまた醍醐味です。

日本のお酒、日本酒とは

日本酒の香り・味わい 4タイプ

日本酒注ぐ

彩の日本酒

※価格は全て税別表記です。

鳩正宗

鳩正宗

酒米の王様「山田錦」と青森の酒造好適米「華吹雪」を親に持つ青森の酒米「華想い」を50%まで磨いて醸した純米吟醸酒。直汲みならではのフレッシュな香りとみずみずしくキレの良い酸味が特徴。

【青森県】 鳩正宗株式会社

一歩己

一歩己 無濾過純米生原酒

焦らず、急がず、そして緩まず、一歩ずつ…。搾ったばかりのフレッシュさをそのまま閉じ込めました。ほのかな香りと米の旨み、穏やかな酸とのバランスが良く、上品ですっきりとした味わいに仕上がってます。

【福島県】 豊国酒造合資会社

甲子

甲子(きのえね) 純米吟醸

華やかで高い吟醸香とまろやかな口当たり。
花の蜜を想わせる甘みと、軽やかなキレの純米吟醸酒です。

【千葉県】 株式会社飯沼本家

選ぶ楽しみ、彩の日本酒

造るのも楽しいのが日本酒

株式会社新澤醸造店Kさんの協力のもと、 「Shop & Bar 彩(サイ)」が企画した日本酒が 「Espoir(エスポワール)」です。 エスポワールは障がい者の方々の就労支援のために田植えから稲刈りを一緒に行い、そのお米で作った純米吟醸です。 ラベル貼りももちろん一緒に作業しました。 一人でも多くの方々に障がいをもった方々の無限の可能性を感じてもらいたい想いが「Espoir(フランス語で希望の意味)」という名のお酒に込められています。 日本酒造りの楽しさを知る、大切な機会になっていると
思います。
宮城県産ひとめぼれを100%使用した、
香り程よくすっきりした 純米吟醸酒。

Espoir (エスポワール)

稲狩り

ラベル張り

エスポワール

60ml 340円
150ml 680円

※価格は税別表記です。

日本酒イベント

想いを味わう肴

※表示価格は全て税別表記です

  • 手前味噌焼き
    400円

    大好きなお蕎麦屋さん主催のお酒の会で必ず出てくる大好きな一品です
    ご好意で作り方を教えていただいたので、完全再現した自慢の一品です。
    信州味噌を直火で香ばしく炙った味わいは病みつきになる人が続出で、これ1品で何杯も日本酒が進みます。濃厚で、旨味のある味噌に香ばしさが加わり、日本酒と一緒にちょっとずつ味わうのにぴったりです。

  • サバの照り焼きスモーク
    1200円

    「スモーク×照り焼き」の新しい風味をお楽しみいただけます。
    スモークしたサバを照り焼きにしていて、スモークの香りが魚のクセを消してくれているので、魚が嫌いな方でもバクバク食べれます。燻製にした香り高く芳醇な味わいのサバのスモーキーな香りと、味醂と醤油などで照り焼きにした味わいは、お酒が進む美味しさです。

  • 想いを味わう肴

    珍味盛り合わせ
    500円

    日本酒に間違いなく合うのが、この3種の珍味です。
    しっかりとした旨味が凝縮されたこのおつまみは、箸先にちょっとつけて食べるだけでも、
    お互いの味をひきたててくれます。
    まずはこの珍味の盛り合わせから、じっくりゆっくりと日本酒と一緒にお楽しみください。

サヴァ缶

東京出張の際に、たまたま出会いました。
魚嫌いな自分にも食べやすい味付けと目を惹くデザインが印象的でした。
よくよく調べてみると東日本大震災において災害被害を受けた地域の復興を目指す支援団体「東の食の会」がプロデュースしているという事で応援したいと思いました。
被災地の復興と地域の食の復興支援の想いが込められています。
缶づめにデザインされた「Ca va?」はフランス語で「元気?」という意味が
あり、サバ(鯖)にサヴァ(Ca va?)をかけているらしいです。

パプリカチリ
500円
レモンバジル
500円
オリーブオイル
500円

Ca va?(元気?)

蕎麦

蔵元訪問の際、ほぼ100%その土地で美味しいと言われてる蕎麦屋を探してお邪魔しています。
その中でも我々が好きな長野県上田市にある刀屋という蕎麦屋の信州そばがお気に入りで、その味に近づけるよう麺は地元の製麺所に特注で作ってもらっています。
特注麺はコシの強い太めの麺で、つゆは麺に負けないようキリッとした辛口のつゆになっています。
アドバイスをいただきながら何度も試作を繰り返し、根気強く付き合ってくれた製麺所の社長さんの人柄に惚れてお付き合いさせていただいています。
元々蕎麦は酒のあてだったという事からも分かる通りその相性は抜群。また〆に食べるのにもラーメンより罪悪感がなくおすすめしてます。盛りそばとかけそばをご用意していますので、その日の気分でお選びください。

飲んだ後の〆にもぴったり

もりそば
並 680円
中 780円
大 880円
かけそば
並 500円
中 600円

menu

☆15:00~の提供となります。

※表示価格税別表示です。

Smoked Mix Nuts
300円
ラビオリ(トマトソース)
300円
いぶりがっこチーズ+
400円
Pizza(5種のチーズ)
450円
Pizza(パンツェッタ&モツァレラ)
450円
カプレーゼ 彩 edition
450円
ハニーマスタードチキン
500円
サヴァ缶 オリーブオイル
500円
サヴァ缶 レモンバジル
500円
サヴァ缶 パプリカチリ
500円
もりそば
並 680円
中 780円
大 880円
かけそば
並 500円
中 600円
炊き込みご飯【数量限定】
※お蕎麦ご注文の方+100円で炊き込みご飯付きます
200円
セロリの浅漬け
250円
自家製 いかの塩辛
300円
出汁を楽しむ茶わん蒸し
300円
手前味噌焼き
400円
俺のポテトサラダ2017
400円

最上部へ